News/Event 0 2016年12月19日 更新
Cute Craft × JPA ~ 2016年のありがとうを込めてキャンペーン〜

Cute Craft × JPA ~ 2016年のありがとうを込めてキャンペーン〜

2016年の感謝・ありがとうを形に残して、豪華賞品をゲット!

「Cute Craft × JPA ~ 2016年のありがとうを込めてキャンペーン〜」

 「未来の子供たちが自信に満ち溢れ笑顔いっぱいで過ごすヒント」をお届けする日本ペーパーアート協会(以下JPA)では、特別な能力や技術は必要なく、小さなお子様からシニアの方まで、男女問わず、健常であることや障害も関係なく、周りを元気にする人を増やしていきたい、と日々活動を続けています。
 (3324)

そして、『自分の「こころ」「きもち」を伝えて自分も相手も元気にする・元気になるペーパーアート』を日常に取り入れ、30年後の子供たちが笑顔あふれる日々を送っていることを夢見ています。

 また、代表理事によるプロデュースによってお持ちの作品やコンテンツで業界ナンバーワンになるブランディングを受ける方も。
 もっともっと活躍の場を広げていただこうと、クラフトを広めようと活動されているCute Craft さまとのタイアップキャンペーンが実現しました。

その名も、

「Cute Craft × JPA ~ 2016年のありがとうを込めてキャンペーン〜」!

2016年も残す所あと少し。今年も色々なことが起こった一年でした。でもそんな中、いろんな感謝もあったと思います。その感謝・ありがとうを形に残しませんか?

あなたのありがとうを是非掲載し、多くの方々に感謝のおすそ分けをし、幸せな2016年をみんなで締めくくりましょう!

【応募対象】

Cute Craftにキュレーター登録されている方。
まだ登録されていない方は、http://cute-craft.jp/users/sign_up から無料会員登録をお済ませ下さい。

「キュレーター」って何?という方は、コチラの記事をご覧下さい。
http://cute-craft.jp/articles/aCMiw

【応募記事条件】

あなたのの作品に込めた2016年感謝の気持ちを表現した記事をご投稿下さい。
(写真を5枚以上(作品や使った材料など)使い、500文字以上の記事を書いてください。)

※注意事項

記事タイトルには必ず「JPA ○○○○」と入れて下さい。
例: 「JPA 私の2016年ありがとうを○○へ」

【入賞者&賞品】

<下の画像は、イメージです。賞品の画像ではありません。>
特賞

特賞

賞品:一般社団法人 日本ペーパーアート協会® 「ペーパーアート・アドバイザー認定講座」(35000円相当)
前田京子ペーパーフラワー賞

前田京子ペーパーフラワー賞

賞品:前田京子ペーパーフラワー作品と
ペーパーフラワー材料
友近由紀カードメイキング賞

友近由紀カードメイキング賞

賞品:カードメイキングキット、JPAオリジナルスタンプ、ペーパーセット
25 records

Related Articles 関連する記事

Cute Craft × JPA ~ 2016年のありがとうを込めてキャンペーン〜 受賞者発表

Cute Craft × JPA ~ 2016年のありがとうを込めてキャンペーン〜 受賞者発表

昨年末に開催したCute Craft×JPAのタイアップキャンペーン 受賞者の発表です。
JPA |
Cute Craft Magazine Vol 04

Cute Craft Magazine Vol 04

Cute Craft Magazine Vol 04 新年1月号のコンテンツは以下のとおりです。
Important Notice - "OFFICIAL CURATOR"

Important Notice - "OFFICIAL CURATOR"

Dear Official Curator, Please read the instructions and follow it by the end of February.
2/16 更新 Cute Craft日本語サイト ラストキャンペーン当選者発表!

2/16 更新 Cute Craft日本語サイト ラストキャンペーン当選者発表!

Cute Craft 日本語サイト移行前の最後のキャンペーン当選者発表!!
Cute Craft × JPA タイアップキャンペーン 明日から始まります!

Cute Craft × JPA タイアップキャンペーン 明日から始まります!

Cute Craft とJPAのタイアップキャンペーン ~2016年のありがとうを込めてキャンペーン~が、明日から始まります。
JPA |

Article Keyword

この記事のキュレーター